ヨーシ帰っておいで・第1部参考語句(その2)

 

語句が載った各ページからリンクしてありますが、このページを読まなくてもたぶん大丈夫です。とりあえず知りたいという場合にいくらか役に立つという程度の内容なので、ご了承お願いします…。


「duでいこう」

英語のyouは、ドイツ語ではduかSieにあたる。Sieは日本語なら敬称であり、まだ親しくない大人同士の会話でお互いを、大人と子供では子供が大人を、duでなくSieで呼ぶ。「duでいこう=Sieでなくduで呼び合おう」という提案は、親しくなる意思表示。…と昔教わったので、私はそう思っています。

このページ上部へ  五十音順のさくいん(このページの下部)へ


ハイル

「万歳」。挨拶。元は、「ハイル・ヒトラー」?

このページ上部へ  五十音順のさくいん(このページの下部)へ


国防軍

ドイツ国家の軍隊。親衛隊とは別組織。

このページ上部へ  五十音順のさくいん(このページの下部)へ


収容所

ここでは、ナチスドイツが設立・運営していた強制収容所のこと。

このページ上部へ  五十音順のさくいん(このページの下部)へ


第三帝国

ナチスドイツの別名。時系列順に1番目の帝国はローマ帝国、2番目の帝国はオーストリア=ハンガリー帝国。それに続く3番目の帝国という意味。

このページ上部へ  五十音順のさくいん(このページの下部)へ


ベルリン

当時のドイツの首都。

このページ上部へ  五十音順のさくいん(このページの下部)へ


ヘル

ドイツ語で、男性に対する尊称。

このページ上部へ  五十音順のさくいん(このページの下部)へ


スロバキア

「ヨーシ帰っておいで」の「サルバキア」のモデルの国。
現在はチェコとスロバキアに分かれていますが、当時は1つの国を形成していた。

このページ上部へ  五十音順のさくいん(このページの下部)へ


プラハ

当時はチェコスロバキアの、現在はチェコの首都。

このページ上部へ  五十音順のさくいん(このページの下部)へ


前の戦争

ここでは、第1次世界大戦のこと。

このページ上部へ  五十音順のさくいん(このページの下部)へ


イディッシュ語

ドイツ語を元に作られた、東欧ユダヤ人の共通語。

このページ上部へ  五十音順のさくいん(このページの下部)へ


ゲットー

ここでは、ナチスドイツの領地内に作られた、ユダヤ人用居留地。脱走防止のために塀で囲まれ、人口過密で、食料も乏しかったという。

このページ上部へ  五十音順のさくいん(このページの下部)へ


囚人

ここでそう呼ばれているのは、ユダヤ人・ロマ・政治犯など、ナチスドイツの法に触れているために収容所に送られてきた人々のこと。

このページ上部へ  五十音順のさくいん(このページの下部)へ


ソ連

「ヨーシ帰っておいで」では「セ連」のモデルの国。
「ソビエト連邦共和国」の略称。ロシア帝国で共産主義革命の結果作られた国。現在は解体しロシア共和国になっている。

このページ上部へ  五十音順のさくいん(このページの下部)へ


ロシア

「ヨーシ帰っておいで」の「ルシア」のモデルの国。
物語のこの時点で、ロシアが「ソビエト連邦共和国」になって20年以上たっています。しかし。呼び慣れた「ロシア」という言葉を使う人も多かったと思います。

このページ上部へ  五十音順のさくいん(このページの下部)へ


「話すことなく、語ることなく」

旧約聖書の詩篇第19編の一部。題名に使う部分の英文は次の通り。There is no speech, nor are there words; their voice is not heard; yet their voice goes out through all the earth, and their words to the end of the world.
このサイト上の和訳文は南田果那によるものなので、たぶん間違えています。

このページ上部へ  五十音順のさくいん(このページの下部)へ


ヨーシ帰っておいで・第1部<参考語句集>の五十音順のさくいん

語句
あ行
アーリア人種/アドルフ・ヒトラー/アメリカ/イギリス/イスラエル(人名)/イディッシュ語
か行
割礼/教会(シナゴーク)/ゲットー/高等中学/国防軍/コンラート・アデナウアー
さ行
シオニスト/シオニズム/囚人/収容所/親衛隊/少年団/スイス/スロバキア/総統/ソ連
た行
第三帝国/チェコ/ドイツ/ドイツ人/トーマス・マン
な行
ナチ/ナチズム
は行
ハイル/「話すことなく、語ることなく」/パレスチナ/ヒトラー・ユーゲント/フリードリッヒ・ケラー/ポーランド/プラハ/フランス/振替協定/ベートーベン/ヘル/ベルリン
ま行
前の戦争/元ケルン市長
や行
ユーゲント/ユダヤ人/ユダヤ教
ら行
ラビ/ロシア/ロマン・ロラン
わ行
アルファベット、数字
「duでいこう」
<このページ上部へ>

引用・参考資料

<このページ上部へ>